[Linux] UnixBench

UnixBench は UN*X 環境では古くから使われているベンチマークツールです。主に CPU ・メモリ・接続バスの評価計測に使われます。ここでは aarch64 環境で実行することにします。

ダウンロード

UnixBench はターゲット上で perl と gcc が動作する環境が必要になります。まずこれらをターゲットで用意します。

sudo apt install perl make git gcc

GitHub にあるリポジトリからソースを取得します。

git clone https://github.com/kdlucas/byte-unixbench

やや修正

byte-unixbench/UnixBench/Makefile を修正します。

- ARCH := $(shell uname -p)
+ ARCH := aarch64

- OPTON += -march=native -mtune=native
+ OPTON += -march=armv8-a

UnixBench は起動するときにビルドしますが、先にビルドしておく場合は修正せずに以下でビルドできます。

make ARCH=aarch64 OPTON="-march=armv8-a"

起動

コマンド “Run” で実行を開始します。この perl script を介して各ベンチマークを行います。

cd byte-unixbench/UnixBench
./Run

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました