[RPi] Pi Zero W

Raspberry Pi 3 を入手して間もないですが、海外通販にて Pi Zero W を入手しました。PIROMONI にて注文掛けていたのですが6日で無事到着しました。Anniversary 期間に間に合ったので £10 で入手でき(通常は £12)、せっかくなので Pibow ケースや Speaker pHAT も追加しました。送料は £5.5 です。

SoC は RPi 無印と同じ BCM2835 で ARM1176 コア、RAMは 512MB の Elpida チップが SoC 上にボンディングされています。外部端子は micro USB(OTG)、mini HDMI、micro SD カード、GPIO ピン、と RPi の互換を保ちながら最小構成でできています。Pi Zero W ではさらに Wi-Fi と Bluetooth が内蔵されています。

まずは動作確認

Raspberry Pi 3 の入手ですでにイメージは micro SD カードに作成済なので、移し替えるだけです。ただ外部端子が mini HDMI と micro USB なので、ディスプレイやUSBキーボードを接続するにはそれぞれ変換ケーブルが必要になります。

ネットワークへの接続は Ethernet がないので Wi-Fi を使用します。通常 wpa-supplicant の設定が必要ですが、とりあえず動かすなら GUI で設定した方が楽です。

$ dmesg
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[    0.000000] Linux version 4.9.35+ (dc4@dc4-XPS13-9333) (gcc version 4.9.3 (crosstool-NG crosstool-ng-1.22.0-88-g8460611) ) #1014 Fri Jun 30 14:34:49 BST 2017
[    0.000000] CPU: ARMv6-compatible processor [410fb767] revision 7 (ARMv7), cr=00c5387d
[    0.000000] CPU: PIPT / VIPT nonaliasing data cache, VIPT nonaliasing instruction cache
[    0.000000] OF: fdt:Machine model: Raspberry Pi Zero W Rev 1.1
...

Pibow ケースの組み立て

今回 Pibow ケースを同時に入手しました。積層型のパーツがボードを囲む形で見た目に面白いです。組み立てに取り掛かる前に PIROMONI ページで組み立て方を確認しておいた方がよいかと思います。たぶん確認しないとどの順番で積むのかよく分かりません^^;

GPIO ピン部分はくりぬかれていて pHAT に合わせてあるため、ケースを付けたまま pHAT を取付けられます。外部端子は干渉しないコネクタを選ぶ必要がありますが、ケースのまま取付けられます。残念ながら micro SD カードの入れ替えだけは一度ケースをばらす必要があります。

Speaker pHAT の組み立て

Speaker pHAT はパーツで提供されているので、assembly guide に従って組み立てます。pin ヘッダとスピーカへの配線は半田付けが必要です。

Speaker pHAT を使うためにはいろいろパッケージを導入する必要がありますが、PIROMONI で用意されているスクリプトを本体から直接実行することで全て導入することができます。

# curl -sS https://get.pimoroni.com/speakerphat | bash

alsa device としては default の hw:0,0 で見えています。aplay を使って音出しの動作確認ができれば OK です。LED メータも同期して光ります。mp3 など PCM 以外のフォーマットはデコードする必要があるため、mpg321 などのデコードできるプレーヤーを導入します。

# aplay /usr/share/sounds/alsa/Front_Center.wav

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です