FirefoxOS のローカルミラー

FirefoxOS は commit が頻繁に行われ,master branch だけ追従してるとおかしな動作の時に拾うと残念なツリーになってしまうので,version branch で安定した環境も並列して構築しておきたいとなると,同じツリーをリモートから頻繁に取るのも何なのでローカルミラーが欲しくなります.

Android では本家に解説があります.

Downloading the Source  |  Android Open Source Project

FirefoxOS の初回ビルド方法はMDNに解説があります.これが前提知識となりますので一度はトレースしておくのがよいかと思います.

🤷🏽‍♀️ Page not found | MDN Web Docs
The MDN Web Docs site provides information about Open Web technologies including HTML, CSS, and APIs for both Web sites and progressive web apps.

FirefoxOS の場合は Android のモジュール管理ツールである repo を使いつつも shell script で自動化されているため,少々ややこしい手順が必要でした.またここでは git の操作が必要なので,git の知識が必要です.もしかしたらもっと単純で簡単な方法があるかもしれませんが.

ディレクトリイメージ

この例ではローカルミラーは以下のようなディレクトリを想定しています.青文字の “server:/opt/git/b2g” は「ホスト名 server」の「/opt/git/b2g ディレクトリ」のため,環境に合わせて読み替えてください.

server:/opt/git/b2g
|-- B2G
|-- projects
    |-- .repo
    |-- gaia.git
    |-- gecko.git
    :

リポジトリの取得

まず,server(以下 shell prompt が ‘$’) にて最初のベースリポジトリを clone します.

$ cd /opt/git/b2g
$ git clone git://github.com/mozilla-b2g/B2G.git

リポジトリを初期化します.ここでは取得するベースとして ICS である emulator.xml を選択していますが,JellyBeans ベースなら emulator-jb.xml,Kitkat ベースなら emulator-kk.xml を指定します.機種を選択する場合は,b2g-manifest ディレクトリの xml ファイルを選択します.この sync は環境によってはかなりの時間を要します.

$ mkdir /opt/git/b2g/projects
$ cd /opt/git/b2g/projects
$ ../B2G/repo init -u git://github.com/mozilla-b2g/b2g-manifest.git -m emulator.xml --mirror
$ ../B2G/repo sync

ローカルへの対応

ローカル用の manifest に変更して,ローカル用のブランチ(local-master)に commit します.(リモートが更新された場合はリモートに追従して rebase または merge していきます.)

$ cd /opt/git/b2g/.repo/manifests
$ git checkout -b local-master origin/master
$ patch -p1 < emulator.xml.patch
$ git commit
$ git checkout default

local 用の manifest は remote のアドレスをローカルミラーの位置に修正したものを用意しておきます. 上記に登場した emulator.xml.patch は以下のようになります.

--- a/emulator.xml 2014-02-22 18:29:29.000000000 +0900
+++ b/emulator.xml 2014-03-22 01:28:46.000000000 +0900
@@ -2,18 +2,18 @@
<manifest>
<remote  name="aosp"
-        fetch="https://android.googlesource.com/" />
+        fetch="server:/opt/git/b2g/projects" />
 <remote name="caf"
-        fetch="git://codeaurora.org/" />
+        fetch="server:/opt/git/b2g/projects" />
 <remote name="b2gmozilla"
-         fetch="https://git.mozilla.org/b2g" />
+         fetch="server:/opt/git/b2g/projects" />
 <remote name="b2g"
-         fetch="git://github.com/mozilla-b2g/" />
+         fetch="server:/opt/git/b2g/projects" />
 <remote name="mozilla"
-       fetch="git://github.com/mozilla/" />
+       fetch="server:/opt/git/b2g/projects" />
 <remote name="mozillaorg"
-     fetch="https://git.mozilla.org/releases" />
- <remote name="apitrace" fetch="git://github.com/apitrace/" />
+     fetch="server:/opt/git/b2g/projects" />
+ <remote name="apitrace" fetch="server:/opt/git/b2g/projects" />
 <default revision="refs/tags/android-4.0.4_r2.1"
          remote="caf"
          sync-j="4" />

ベースが JellyBeans や KitKat の場合はマニフェストファイルが base-jb.xml,base-kk.xml に分かれているのでそれぞれローカルの対応が必要です.

 ローカルビルド

ローカル環境(以下 shell prompt が ‘%’)では通常の手順通り config.sh を実行しますが,manifest リポジトリにローカルミラーの位置に,branch にローカル用 branch を指定して実行します.

% mkdir ~/work/b2g
% cd ~/work/b2g
% GITREPO=server:/opt/git/b2g/projects/.repo/manifests BRANCH=local-master ./config.sh emulator
% ./build.sh

 ローカルで新しいターゲットを追加する場合

ローカル向けに新しいターゲットを追加するには,次の手順を実施します.

  1. server:/opt/git/b2g/B2G にて config.sh にターゲット情報(例えば new-target)を追加して default  branch に commit
  2. server:/opt/git/b2g/projects/.repo/manifests にてターゲット用 manifest を作成してローカルbranch(local-master) に commit
  3. ローカルビルドは config.sh の引数に上記 1. で指定したターゲット名(new-target)を指定します.
    % GITREPO=server:/opt/git/b2g/projects/.repo/manifests BRANCH=local-master ./config.sh new-target

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました